5月発売予定、まつむらゆうこ著 小さな「できた」が私を変える 、注目している新刊。
早くお届けしたくて、毎日 すこしずつ紹介しています。
今日の言葉はこちら・・


「~しなければ。から解放される小さな完了の繰り返し」

自分を責めてしないくらいなら、
できる範囲の小さなことを完了させたほうが、よほど建設的。
嫌だと抵抗する気持ちが起こらないくらい小さな単位に分ける。
嫌だと意識する隙間もないほどに、小さな単位に分けると一つずつはできる。
今すぐにできる小さな変化を行動に移す。

「~しなければならないのに、できない」
そう思って、未完了の自分を見ていた時間を
小さな単位を完了させる自分に向ける。
この差が、どれだけその後の自分を変化させるでしょう。
「~しなければ」と心の声が聞こえたら
とりあえずできる単位のことを完了させるタイミングです。

本を読んでいて感じるのは、著者まつむらさんは自分のことを客観的に見れている、
よく分析できている、ということです。
それ故の、続け方、満たし方だとおもいます。

皆さんも、大きな課題を持ったり、早く達成しようとおもわず、
自分を俯瞰してみながら合う方法をみつけてください。
「やること」を小さな単位に分けるのがコツだそうです。
お試しください。

                       こんぶ