2021年4月

小さな「できた」が私を変える 19

2021年4月20日

5月発売予定、まつむらゆうこ著 「小さな『できた』が私を変える 」
早くお届けしたくて、毎日 すこしずつ紹介しています。
今日の言葉はこちら・・


「自分にも人にもやさしくなるには、
 小さく分けて見る数を増やすことが効果的」

外からは見えないけれど、評価もされにくいけれど、
仕事のように報酬はもらえないけれど、
やっていること、やってきたことの価値を
今、感じるんですね。



人はどうしても欠けてるところに目が行きがちですが、
こうして細分化することで、できている部分の発見ができます。
まずは自分に試してみてください。

                       こんぶ

〝 好き 〟のチカラ

2021年4月17日



鉄道好きの男の子、年は5歳。
今日は耳鼻科で耳のそうじと皮膚科で手当てを受け、
よく我慢したのでそのご褒美に本を買ってもらうということでやってきた。
好きな本を買っていいらしい。めったとないチャンスだ。

以前、おとなが読む鉄道の雑誌をお父さんにねだって、渋々買ってくれた経験がある。
お父さんはどうやら値段の高い本は困るらしい。
しかし今日は、なんでもいいということなので店内をチョロチョロ歩き回り物色し、
また気になるものを何冊か(すべて大人向けの本)吟味し、
最終的には時刻表を選んだ。
この時点でじゅうぶん面白いのですが。

今月号の時刻表には付録に手提げバッグがついているが、先月の付録の
全国鉄道マップがひとつ余っていたので、差し上げたらすぐに開きだして
もにょもにょとお経を読むようにしゃべりだした。
そう、この子はお父さんやお母さんに「あいさつしなさい」と言われて渋々するくらいで
ふだんはあまりしゃべらない。まあ、おじさん相手は恥ずかしかったり面倒くさかったりするのでしょう。
しかし鉄道の話になると目が大きくなりたくさんお話してくれるのです。

さて、その気になるもにょもにょをよく聞いてみると、
全国の駅名を順番に読み上げてるのです。
しんおおさか、こうべ、ひめじ、おかやま、しんやまぐち・・・
おおぉー、これはおじさんでもわかる。山陽新幹線の停車駅だ。
お父さんがときどき電車乗りにつれてってくれると言ってたのできっと
乗ったことあるのだろう。

もにょもにょはしばらくつづく、
つるが、ふくい、あわらおんせん、かなざわ・・
ちば、まくはり、ふなはし、しんこいわ、かめど・・

ん? 暗記してるのか?
お母さんに尋ねると、鉄道の本を読みすぎて漢字を覚えてしまったとのこと。
すごい、天才!そりゃ、時刻表も読めるわ。

好きのチカラは凄いと思ったのと、子どもだけじゃなく
大人もこうして、好きなことに素直に力を注ぐべきだなと思いました。
子どもは好きなことをやって、それでメシが食えるかなど考えてない。
好きなままやるというだけ。
大人でもそういう人いますが、少数派で、それをやってどうなるのか?あとのことを
考えてやらなくなるか、そもそも好きなことがわからないという人が多い。
何にならなくとも、好きなことに時間を費やしてるだけで幸せなのです。

私も鉄道白地図を買っていて、乗った線を色鉛筆で塗ってるのですが、
コロナですっかり止まってたので、このお子さんに触発されました。
お出かけしたくてウズウズ。

みなさんの好きなものは何でしょうか?
本もそうですが、好きなものを語るとき人は輝いてます。
またお聞かせいただければ幸いです。

小さな「できた」が私を変える 18

2021年4月15日

5月発売予定、まつむらゆうこ著 「小さな『できた』が私を変える 」
もうすぐ印刷に入ります。
早くお届けしたくて、毎日 すこしずつ紹介しています。
今日の言葉はこちら・・


今、子育て中のひとは自分の頑張りを自覚できているでしょうか。
主婦は、会社員のように「〇〇さん、ありがとうございます」とか
「〇〇さん、助かります」と声をかけてもらうことが圧倒的に
少ないから自分ではあまりできてない気がしても、
すごくたくさんのことをしています。


家族だけでなく、周りの人もお母さんに「ありがとう」「助かります」
「いつもご苦労様」って言葉にする習慣になればいいですね。

                       こんぶ

小さな「できた」が私を変える 17

2021年4月14日

5月発売予定、まつむらゆうこ著 「小さな『できた』が私を変える 」
いま着々と準備が進んでいて、もうすぐ印刷に入ります。
早くお届けしたくて、毎日 すこしずつ紹介しています。
今日の言葉はこちら・・


「子育て中のお母さんほど、よくがんばっている自分を
具体的にみてあげて 」

このスーパースターなみの激烈超過密スケジュールをこなしていることを
家族や周囲の人も知ってくれていたら、当時、私はどんなに嬉しかっただろう。
そして私自信が、「自分よくやっている」と、その時、思えていたら
どんなによかったか。

なかなか自分で認めることができないとおもうので、
もっと周りの人の気配りが必要なのでしょうね。
そう、とくにご主人さん(僕ふくめて)。
反省するところあります。
この章を読んで、本屋にくるお母さん、街ですれ違うお母さんの見方が変わりました。

                       こんぶ

小さな「できた」が私を変える16

2021年4月13日

5月発売予定、まつむらゆうこ著 「小さな『できた』が私を変える 」
いま着々と準備が進んでいます。
早くお届けしたくて、毎日 すこしずつ紹介しています。
今日の言葉はこちら・・


「自画自賛研究所」
私がんばってる、そんな自分を自分でほめまくり、
研究員同志でお互いのがんばりをまたほめる。
そんなことを続けて相乗効果で進化する。

自分が興味あることを、夢中でしゃべるのが好きだ。
瞬間瞬間、心が動くことを表現できる自分が心地よいのです。


自画自賛研究所っていいですね。
人をほめる風習はありますが、自画自賛し、仲間と共有するって
あまりないことではないでしょうか。
どこかで「自慢してるみたい」と思っているからでしょうか。
できたことを喜んでる様子はそうならないと思うのですが、
みなさんいかがでしょう。
その前に、「これができた」と言えることをやっておきたいですね。笑

                       こんぶ

小さな「できた」が私を変える 15

2021年4月10日

5月発売予定、まつむらゆうこ著 「小さな『できた』が私を変える 」
いま着々と準備が進んでいます。
早くお届けしたくて、毎日 すこしずつ紹介しています。
今日の言葉はこちら・・


自分がやっていることを、おもしろがっていれば
他を気にしている時間がなくなる。
だれかに、すごいねと認められるためにやるんじゃなくて、
自分で決めたことを行動するのが嬉しいから、やる。

自分が望んだことを行動に移している自分を
感じなおすと、その時間は自分に集中できます。
自分に集中している間は、他の人との比較を
忘れてしまいます。
自分が好きなものに意識を向ける時間が増えれば
外を気にする時間は相対的に減っていきます。


時間は有限。自分の可能性は無限。
誰でも知っている。でも忘れてしまうこと。
自分が何を望むか。何に時間を使うか。
考えていることと行動が一致しているとき、
人は幸せを感じる。 
人と比べたり、できないことを数えたりはしない。
この本を読むと、自分でそのスパイラルを作れることがわかります。

                       こんぶ

小さな「できた」が私を変える 14

2021年4月9日

5月発売予定、まつむらゆうこ著 小さな「できた」が私を変える 、注目している新刊です。
早くお届けしたくて、毎日 すこしずつ紹介しています。
今日の言葉はこちら・・


「書くことで自分を育て、面白い未来をつくってみませんか?」
教えてもらうのではなく、自分で自分を知ろうとする、そこが重要。
自分へ関心を寄せることは、自分へのやさしさです。
「私、案外たくさんのことをやってたんですね。」
何もできないんですという方は、私だけじゃなく多いのですが、いえいえ、
本当は人が見ていないところで黙々とやっている私がいる。
今日、私は朝からどれだけたくさんのことをしたのだろう


自分と向き合うのが苦手なひと多いですね。
見たくないのでしょう。
なぜ見たくないかというと、嫌な自分をみるからです。
どんな人も良いところがあるのですから、そこを見れたら自信もつくはず。

目標を達成したり、何かを成し遂げたとき、ようやく人がは見てくれます。
そこにいくまで頑張っているとき、うまくいかず葛藤しているとき、そこを
見てるのは自分しかいない。
言い換えると、そこを褒めてあげれるのは自分しかいないということです。
そうおもうと、頑張っているのに自分にも褒められない自分って
可愛そうじゃないですか?
ぜひ鏡で自分の顔をよくみて、自分のことほめてあげてくださいね。
                       こんぶ

小さな「できた」が私を変える 13

2021年4月8日

5月発売予定、まつむらゆうこ著 小さな「できた」が私を変える 、注目している新刊です。
早くお届けしたくて、毎日 すこしずつ紹介しています。
今日の言葉はこちら・・


「ありのままの自分って、どんな自分?」
ありのままの自分でいいと思える。
それは凄いことができているからそうなれるのかと
思っていましたが、どうもそうではないようでした。
行動したこと、そこから感じたことを
“そのまま事実として見ることが、
ありのままの私を肯定すること”


人の目が気になる、顔色を窺ってしまう、人と比べてしまう、
それが心の負担になってる人は多いですね。よく相談を受けます。
「そんな私は何を読めばいいですか?」と求められるのですが、
私の経験上、本を読んで良くなった例は少ない。
理屈を知ってもできない。考えれば考えるほど深みにはまるようです。
少数ですが、人と比べたりする癖が治ったひとというのは、自分の好きなものや
大切なものをみつけたひとです。
そこに意識がいくことで、無いもの足りないものに目がいかなくなるのだとおもいます。
存在しなのだと同じなのです。
結局、「できていること」「あるもの」「自分の魅力」に目を向けれるかがカギのようです。
まつむらさんもそうやって自信をつけていったのですね。
あるものに目を向ける、お金もかからないしリスクもない。
ぜひお試しください。
                       こんぶ

小さな「できた」が私を変える 12

2021年4月3日

5月発売予定、まつむらゆうこ著 小さな「できた」が私を変える 、注目している新刊です。
早くお届けしたくて、毎日 すこしずつ紹介しています。
今日の言葉はこちら・・


自分でいることに安心できると行動が加速する。
今日もしたいことがない、何もない、から
「今日何をしたら、もっと「できる」が増えるかな?」
と書き換わり苦手だった掃除や後回しにしていた家事も
まめに完了させるが楽しくなってきました。


子供の頃、苦手だった茄子やピーマンが、
大人になって美味しく感じられる、嫌いじゃなくなったという経験は
よくありますが、食べ物以外の苦手なものが楽しくなるって
そうあることではない気がします。
第4章、まつむらさんが大転換した瞬間です。

皆様も、早く本を読みたくなってきたのではないでしょうか。
発売を楽しみにしててください。

                       こんぶ

小さな「できた」が私を変える 11

2021年4月2日

5月発売予定、まつむらゆうこ著 小さな「できた」が私を変える 、注目している新刊です。
早くお届けしたくて、毎日 すこしずつ紹介しています。
今日の言葉はこちら・・


 「言葉のクセを変えて、自分を伸び伸び育ててあげる」

言葉の選択次第で、
やらなければと思う受動的な私から、
能動的に行動を起こす私へ転換する練習になったのです。
「片づけなければ」「片づけよう」
使う言葉次第で、窮屈にも自由にも
心は変化します。


仕事量を増やしたり、あらたなことに挑戦する、
そこまでの勇気を出さなくても
言葉を変えると、気持ちが揃っていきます。

こんなことから始めてもいいのではないでしょうか。

                       こんぶ